• 特別展
  • 併設展
  • 関連企画
  • 年間予定
  • 日本民藝館展

併設展

展示期間 2014年1月10日(金)-3月23日(日)  

「茶と美 -柳宗悦の茶」

本館1階 本館2階
漆工芸 -漆絵と根来を中心に

秀衡椀や浄法寺など、主に朱漆で「漆絵」が施された漆器と、社寺の什器として作られながら、上塗の朱漆が擦れてできる自然な模様が近代の数寄者に喜ばれた「根来」を中心に展示。中世から近世の日本の漆工芸を紹介します。
〔写真〕朱漆燭台 江戸時代 18世紀
 高35.0cm

朝鮮陶磁の精華

国内屈指の質と量を誇る当館所蔵の朝鮮陶磁器。その中核である17 世紀末から19 世紀後半の白磁や染付を中心に、朝鮮時代初期の陶器、そして高麗時代の陶磁を加えて、柳が生涯にわたって愛し続けた珠玉の朝鮮陶磁を紹介します。
〔写真〕染付秋草文面取壺(瓢形瓶部分)
 朝鮮時代 18世紀前半 高12.8cm

丹波の古陶

日本民藝館には、常滑や瀬戸など日本六古窯の品が収蔵されています。中でも、柳宗悦は古丹波の魅力に惹かれ、その蒐集に力を入れていました。今回は柳が愛した自然釉(灰被)の壺や徳利など丹波焼の数々を紹介します。いまだに色褪せることのない古丹波の美しさをご堪能ください。
〔写真〕流掛灰被甕 江戸時代 17世紀
 高35.5㎝

棟方志功旧蔵「胸形井戸」と民藝

版画家・棟方志功は、自らも朝鮮茶碗などを用いて日常的に「茶」をたしなんでいました。本展示室では、近年当館に寄贈された棟方志功旧蔵の絵画や朝鮮陶磁を中心に、柳宗悦や河井寛次郎たちとの交流を示す作品を展示します。
〔写真〕鉄砂龍文壺 朝鮮時代 17 世紀
 高32.8cm 棟方志功旧蔵

日本の諸工芸
展示期間:2月1日~3月23日(1月31日まで閉室)

日本の各地において、身近な材料を素材とする生活に即した美しい工芸品の数々が生み出されてきました。この展示室では、藁や布を用いた蓑や背当て、竹や蔓を用いた籠や笊、桜の皮を用いた樺細工の箱や印籠、芯切鋏や灰ならし等の金工品を紹介します。
〔写真〕背当 昭和時代 1940年頃
 丈120㎝

特別展 茶と美 -柳宗悦の茶

柳がおこなった第一回民藝館茶会「別室」の設えと茶器を再構成して展観します。「別室」では主に朝鮮茶碗や日本の民窯の器などが用いられました。いずれも茶器ではない器から見たてた茶器です。床には禅の開祖達磨大師の像が掛けられました。
〔写真〕霰釡 江戸時代 18世紀
 火鉢 朝鮮時代 19世紀
 鉄絵花菱文陶板 美濃 江戸時代 17世紀

庄内被衣を中心に

庄内被衣(かつぎ)は、東北・庄内地方で冠婚葬祭のときに女性が頭から冠った衣装です。多くは麻地に筒描や型染の技法による藍染で、背の大きな菊紋や裾の松、菊、ぜんまいなどののびやかな模様も見所のひとつです。
〔写真〕菊大紋春霞文様被衣(部分)
 江戸時代 18 世紀

特別展 茶と美 -柳宗悦の茶

柳は当館所蔵品について、その美の性質を「無事」や「無碍(むげ)」という言葉でも説きました。その意味では館蔵品の多くが「茶」に適うと柳は考えていたと思います。ここでは今展で新たに選択した茶器と、柳が著作などで紹介した茶器を併せて展示します。
〔写真〕鉄絵草文壺 唐津
 桃山時代 17世紀初期 高9.7cm

西館(旧柳宗悦邸) ※西館公開日のみご覧いただけます 開館日カレンダー
柳宗悦記念室

日本を代表する思想家で、日本民藝館の創設者である柳宗悦(1889-1936)。この「柳宗悦記念室」では宗悦の身辺の品や、アルバム写真、自筆原稿、出版物などの資料を展示して、その生涯を顕彰します。

柳兼子記念室

女性声楽家として活躍し、また夫・宗悦の仕事を物心両面にわたり支えた柳兼子(1892-1984)。かつて音楽室として使われていたこの記念室では、自筆楽譜や演奏会プログラムやポスターなどの資料を随時展示し、その生涯を顕彰します。

ページの先頭へ