• 沿革
  • 柳宗悦と日本民藝館
  • 日本民藝館の活動
  • 日本民藝協会と各地の民藝館

日本民藝協会について

 日本民藝協会は、日本民藝館が1936年に開館する2年前、1934年に柳宗悦を初代会長に設立された民藝運動の振興を主な目的とした団体です。
民藝運動とは、手仕事の美しさを生活に取り入れ、心豊かな生活を実践していくことを目的とした活動です。民藝協会は現在、北は青森から南は沖縄まで各地に32協会あり、手仕事の窯場や工房への見学会や民藝品の鑑賞、及び各種勉強会等を行っております。
 また、32協会の連合体である日本民藝協会では、各地で全国大会(民藝協会の総会や親睦を図る行事)や夏期学校(民藝について学ぶ合宿形式の勉強会)を開催し、また機関誌として月刊『民藝』を発行しております。
 民藝に興味のある方、より深く学びたいと思っている方は是非、この機会に民藝協会にご入会下さい。随時入会を募集しております。詳しくは、日本民藝協会HPをご覧ください。

日本民藝協会ホームページへ


各地の民藝館

 日本民藝館創立後、民藝運動に共鳴した人々によって、民藝館・工藝館が全国各地に作られました。柳宗悦の主唱に基づき、健全な民藝の保存・普及・発展を図る目的で設立され、充実した施設と蔵品を有して活動をしています。日本民藝館を核として、大阪日本民芸館、松本民芸館、富山市民芸館、日下部民藝館、豊田市民芸館、倉敷民藝館、鳥取民藝美術館、出雲民藝館、熊本国際民藝館、愛媛民藝館、京都民芸資料館があり、日本民藝協会会員の方は無料で観覧できます。また、民藝同人作家の河井寛次郎、濱田庄司(益子参考館・協会員は無料)、芹沢銈介、棟方志功、富本憲吉らの作品や彼らの蒐集した品物を展示した美術館などもあります。
  詳しくは、日本民藝協会HPをご覧ください。

各地の民藝館のご案内へ(日本民藝協会ホームページ)